安全な勤務環境を整備するためのヒント:受け入れて、説き勧め、実践する…

従業員は最も大切な情報源です。 組織にとって、従業員は職場の目や耳となる存在です。そのため、従業員には自由と責任を与え、かつ信頼する必要があります。そして、人間は、人助けをしたい存在であることを覚えておきましょう。 それが人間の本質です。人助けをするのは簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、一方で声を上げた場合にはいずれ誤解されることがあるため、実際には難しいものです。ここでは、声を上げる文化を形成する方法に関する上司向けのヒントをご紹介します。

想像してみましょう
従業員の一人として、肩に重荷を背負っていても、日常的な業務環境ではその懸念を声にすることができないことを想像してみてください。声を上げたくても、誰も耳を傾けてくれる人がいません。
上司にとって耳障りの良くないことを伝えるのに、どう説明したらいいかを思いあぐねるのも理解できることでしょう。 このような状況では、従業員が漠然とした問いを投げかけたり、何かをほのめかすこともあります。 これにより上司がどう反応するかを試しているのです。そこで上司が「次回の隔週ミーティングで話し合おう」というのは簡単です。 しかし、このような対応だと、従業員は自分の言いたいことを真剣に受け止めてもらえないと感じることもあります。 そして、最悪の場合は従業員が退職を決意し、企業としても人材を失い、評判を損なうことにもなりかねません。 そして、問題が引き続き解決されないどころか、場合によっては悪化することもあります。

ここで重要な結論は:従業員が自由に声を上げて、上司とコミュニケーションを取り、会社の共通目標に取り組めるようにするるために、従業員に安心感を与えることです。実際問題として、相談者と聞き役の間で相乗効果を生む安全な環境を整備するためには、SpeakUp®システムのように適切な通報システムが必要になります。SpeakUpを利用すると、相談者の匿名性を守りながらも、連絡態勢を維持して、事実関係を確認することができます。

受け入れて、説き勧め、実践する…
ここで示したように、上司は職場における健全性の管理において重要な役割を果たします。 そこで、それに役立つ4つのヒントをお教えします。

  • 第一: 受け入れる。 相談者と聞き役の間に見られる厄介な力関係を受け入れましょう。 有益かつ不可欠なツールとして、SpeakUpのように適切な通報システムを取り入れましょう!
  • 第二: 説き勧める。 同僚とビジョンを共有して、健全性を不可欠な事柄として説きます。しかし、あまりシリアスになることなく、シンプルかつ前向きに話すようにしましょう!声を上げることが普通のことになるように努めましょう。
  • 第三: 実践する。 健全性について話合い、声を上げる文化を整備し、常に取り組むようにします。しばらくの間、販売目標は置いておいて、考えられる過失行為について話し合いましょう。また、簡単なことではありませんが、できるだけ優れた聞き役になるよう努めます。
  • 第四:健全性を守る。 部下に健全性に関するフィードバックを与えます。 そして、チーム内の継続的な話し合いを促進します。

声を上げる人がいたら、それを受け入れて耳を傾け、決してパニックを起こさないようにします。誰かが声を上げているということは、懸念を表明できるような安心感を感じているということであり、良いことです。
周囲に説き勧めていることを自分自身でも率先垂範し、事実に焦点を合わせ(誰がしたかを問いただすのではなく)、専門家のアドバイスを求めます。

エキスパートにご相談ください

詳細について学んだり、アイディアについて話し合ったり、ご意見を共有することをお望みですか?

お問い合わせ